出演作品と子役・保護者の声

  • HOME
  • 出演作品と子役・保護者の声

出演作品実績

映画

HOKUSAI・大コメ騒動・天外者・本能寺ホテル・るろうに剣心・無限の住人・信長協奏曲・関ケ原・花戦さ・超高速!参勤交代・蚤取り侍・十三人の刺客・焼肉ドラゴン・繕い裁つ人・この道・あの日のオルガン・憑神
忍たま乱太郎・新・仁義なき戦い・たそがれ清兵衛・魔界転生・武士の献立・一命・最後の忠臣蔵・どら平太・天地明察・花のお江戸の釣りバカ日誌・極道の女たち 最後の戦い・火天の城 

その他多数出演

TVドラマ

鬼平犯科帳・水戸黄門・ふたがしら・浅見光彦シリーズ・科捜研の女・名奉行!遠山の金四郎・スペシャリスト・ぼんくら・信長のシェフ・みをつくし料理帖・歴史秘話ヒストリア・タクシードライバーの推理日誌・一路・必殺仕事人・闇の狩人・雲霧仁左衛門シリーズ・子連れ信兵衛シリーズ・水戸黄門シリーズ・暴れん坊将軍シリーズ・大岡越前シリーズ・銭形平次シリーズ・大奥シリーズ・鞍馬天狗・子連れ狼・木枯らし紋次郎・葵~徳川三代・二十四の瞳・忠臣蔵・国盗り物語・おみやさん・京都地検の女・京都殺人案内・丹下左膳

その他多数出演

TVCM

eo 光・三井住友不動産・京都中央信用金庫・生協・生活クラブ「すくすくカタログ」・日本電子硝子株式会社・INAX・NTT-docomo 関西・宝くじ・大幸製薬

その他多数出演

保護者の声

木村 実歩・甚太(保護者の声)

娘がピカロに入所したのは、子供達の成長と共に他にはない経験をさせてみたいと感じた親心と、自らやりたい!と5歳になったばかりの娘が体験に行った時、目を輝かせてワクワクしている姿を見た事がキッカケです。あれから5年。去年、下の弟も入所しました。カメラを向けたら変顔をしていた弟も、笑顔で写真を撮る事がとっても上手になりました。一人一人の個性を大切に育み、親子共々いつも沢山の子供達と真剣に向き合ってくれているとても温かな事務所なので、日々の子供達の成長を一緒に感じられるのが楽しみです。

宇治本 竜ノ助(保護者の声)

息子の個性をもっと伸ばせないかと、無理なく通える事務所を京都で探していました。ピカロに見学に行き、礼儀や作法の大切さを教えてもらいながらスタートしました。入所後、驚くほどすぐにお仕事のお話をいただき、親としては不安しかないまま当日を迎えましたが、撮影現場での息子の姿に胸がいっぱいになりました。社長や先生方は、時に厳しくもありますが、子どもの気持ちのフォローもしてくださり、上手にできた時はたくさん褒めてくださいます。「お芝居を通じて育つものがある」まさにその言葉のとおり、息子は成長してくれています。

勝又 佳音・玲音(保護者の声)

赤ちゃんからお年寄りまで「エイジレスな職業」なところが子供達を役者の道に誘った理由の一つ。始めた頃は、ピーピー泣いていたけど上の子は声もが出るようになったし、テレビ画面などに映る我が子を観れるのが楽しみ!これからも子供たちには、京都の歴史や人に興味を持ってもらい、自分でも知らない自分を発見して欲しい。その為に、日本映画発祥の地京都で培ったピカロの厳しいお稽古には大いに期待しています。

保護者の声

木村 実歩・甚太(保護者の声)

娘がピカロに入所したのは、子供達の成長と共に他にはない経験をさせてみたいと感じた親心と、自らやりたい!と5歳になったばかりの娘が体験に行った時、目を輝かせてワクワクしている姿を見た事がキッカケです。あれから5年。去年、下の弟も入所しました。カメラを向けたら変顔をしていた弟も、笑顔で写真を撮る事がとっても上手になりました。一人一人の個性を大切に育み、親子共々いつも沢山の子供達と真剣に向き合ってくれているとても温かな事務所なので、日々の子供達の成長を一緒に感じられるのが楽しみです。

宇治本 竜ノ助(保護者の声)

息子の個性をもっと伸ばせないかと、無理なく通える事務所を京都で探していました。ピカロに見学に行き、礼儀や作法の大切さを教えてもらいながらスタートしました。入所後、驚くほどすぐにお仕事のお話をいただき、親としては不安しかないまま当日を迎えましたが、撮影現場での息子の姿に胸がいっぱいになりました。社長や先生方は、時に厳しくもありますが、子どもの気持ちのフォローもしてくださり、上手にできた時はたくさん褒めてくださいます。「お芝居を通じて育つものがある」まさにその言葉のとおり、息子は成長してくれています。

勝又 佳音・玲音(保護者の声)

赤ちゃんからお年寄りまで「エイジレスな職業」なところが子供達を役者の道に誘った理由の一つ。始めた頃は、ピーピー泣いていたけど上の子は声もが出るようになったし、テレビ画面などに映る我が子を観れるのが楽しみ!これからも子供たちには、京都の歴史や人に興味を持ってもらい、自分でも知らない自分を発見して欲しい。その為に、日本映画発祥の地京都で培ったピカロの厳しいお稽古には大いに期待しています。